退職願・退職届の正しい書き方

admin Byadmin

退職願・退職届の正しい書き方

Ⅰ.退職願・退職届の書き方のポイント

・退職願サンプル(自己都合退職の場合)
退職願サンプル
・退職届サンプル(自己都合退職の場合)
退職届サンプル(自己都合退職の場合)

ポイント

  1. 書き出し:私儀(読み:わたくしぎ)と書きます。
  2. 退職理由:自己都合退職の場合は、「一身上の都合」と書きましょう。
  3. 退職日:退職願の場合は、退職希望日を記載しましょう。退職届の場合は、上司との話し合いで決めた日付を記入します。西暦でも、元号でも構いません。会社の公式書類に使用しているものに合わせるのがよいでしょう。
  4. 文末:退職願の場合は、「お願い申し上げます」など願い出る旨を書きます。退職届の場合は、退職が確定した後に提出するため「退職いたします」と事実を報告する旨を書きます。
  5. 届出年月日:退職願・退職届ともに提出する日付を記入します。
  6. 所属部署、氏名:宛名より下の位置に所属と名前を記入し、名前の下に捺印します。
  7. 宛名:最高執行責任者の役職と名前を書きます。代表取締役社長などが一般的です。敬称は殿。自分の名前よりも上にくるように書くことがポイントです。

 

Ⅱ.封筒の書き方・封入のポイント

・封筒のサンプル 表面
封筒のサンプル 表面封筒のサンプル 表面
・封筒のサンプル 裏面
封筒のサンプル 裏面
・便箋の折り方
便箋の折り方

便箋の折り方

ポイント

    1. ・折り方:向かって上部が上に重なるように折り込みます。
    2. 退職理由:自己都合退職の場合は、「一身上の都合」と書きましょう。
    3. 表面:退職願または退職届と書きます。
    4. 裏面:差出人欄は、所属部署と名前を書きます。
    5. 便箋の上の右端が表面の上部にくるよう封入し、のりでとめたのち〆を記載します。

 

・退職届サンプル(会社都合退職の場合)

会社都合退職の場合は、会社規定の退職届に記入することが一般的です。もし決められた書式がない場合は、下記のように書くのがよいでしょう。

退職届サンプル

 

About the author

admin

admin administrator

123job